肩こりと目の疲れの関係性について|京都市中京区四条烏丸の肩こり専門整体 KATA+

  • 営業時間
  • 電話
  • 〒604-8142 京都市中京区錦小路通高倉西入ル西魚屋町605 STビル3F
  • 阪急京都線「烏丸駅」・烏丸線「四条駅」より徒歩3分
マップを見る

肩こりと目の疲れの関係性について

2018/06/13 | カテゴリー:スタッフブログ

みなさんこんにちは!

デスクワークなどで肩こりがきつく目の疲れも出てくる。。。

そんな症状を感じられている方も多くいらっしゃるんじゃないでしょうか?

目の疲れと肩こりというのは実は大きく関連しています。

目の疲れの原因は!?

デスクワークをしていると目を酷使しているため、もちろん眼精疲労は起こってきます。

単純にパソコンを見続ける事によって疲労の蓄積が起こってきますが、

その目の疲れには筋肉が大きく関係してきます。

これは、「僧帽筋」という筋肉とその関連痛を示したものです。

僧帽筋は首から肩、背中に向かってついているため、ここにトリガーポイントが出来る事で肩こりが生じます。

肩こりの代表される原因筋が僧帽筋にあるといっても過言ではありません。

ただ、この僧帽筋の関連痛領域、赤くなっているところを見てもらえばわかるように左下の図を見ると、頭から目のあたりが赤くなっているのがおわかりでしょうか?

このように僧帽筋に出来たトリガーポイントが原因で、目にまで症状が現れるのです。

肩こりはもちろん治療すれば治ります!

そして目に出てくる疲れなどの症状も肩こりの治療によってしっかりと改善させていくことが出来るのです!

目の疲れは休めば治る。と思って休めていたとしても良くならない、、、

とお悩みの方がいらっしゃいましたら、それは単純な目の疲れではなく

僧帽筋のトリガーポイントからくる関連痛の症状の可能性があります。

このような症状でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください!

治療について詳しくはコチラ

スタッフブログ一覧へ戻る

料金・メニュー
肩こり専門整体 KATA+

ご予約

一覧はこちら

料金・メニュー

住所
〒604-8142
京都市中京区錦小路通高倉西入ル西魚屋町605 STビル3F
営業時間
14:00~22:00 ※日曜日定休
電話番号
075-746-6933

はじめての方へ

お客様の声

一覧はこちら

平川接骨院針灸治療院グループ

人材募集

トリガービタミン

Copyright © 肩こり専門整体 KATA+. All rights reserved.